公明党の意図

公明党が10万円の現金給付を自民党に要求、安倍首相がこれを受け入れた。4月16日のことだ。
https://news.livedoor.com/article/detail/18138231/

なぜ、それまでの「困っている人への30万円」議論をちゃぶ台返しして10万円になったか。
困っている人への配布はそれまでの議論の積み重ね、それなりの合意を得て、借金をできるだけ増やさないように作られているはず
政府の借金のつけは国民に回る。困っている人への30万円から10万円で借金を国民全員に支給することで、3兆円から12兆円へと4倍に増やしてしまう。ことの良し悪しは、創価学会でも理解していると容易に想像できる。

では、なぜ公明党は頑なにこの要求を自民党に突き付けたか。

一つの答えはこの後明らかになってきたアメリカの動きだ。

【速報】トランプ大統領、WHOへの資金拠出停止指示 4月15日
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3956282.html


フランスからはこのウィルスは人が作ったもの、という医学者と数学者の意見が出てきた 4月16日
「新型コロナウイルスは中国武漢にあるウイルス研究所から事故的に漏洩してしまった、人工操作されたウイルスだ」
「これは時計職人が行うような精密なもので、自然に存在することはあり得ない」
https://buzz-plus.com/article/2020/04/18/luc-antoine-montagnier-corona-news/
https://www.designstoriesinc.com/panorama/paris-corona-wuhan/



トランプ大統領も「故意ならパンデミックの「報いを受けるべき」」と述べている。4月19日
https://www.afpbb.com/articles/-/3279279

すでにアメリカでは中国への請求について動きがある

アメリカでの集団訴訟でコロナウィルスの損害を中国政府に請求する動きが増加 3月31日の露出
https://www.msn.com/ja-jp/news/coronavirus/%E7%B1%B3%E5%9B%BD%E3%81%A7%E9%80%A3%E7%99%BA%E3%80%81%E6%96%B0%E5%9E%8B%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E6%8B%A1%E6%95%A3%E3%81%A7%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E7%9B%B8%E6%89%8B%E3%81%AB%E9%9B%86%E5%9B%A3%E8%A8%B4%E8%A8%9F/ar-BB11VRWJ


実際民間人は、中国政府に直接請求できないが、アメリカ政府は国内の訴訟結果を受けて、中国に損害賠償を交渉できる。
それと関係づけてみると公明党は金額が増えてもこれを中国に請求すればいいと考えている可能性がある。

それには早く損害を確定させないといけない。アメリカが中国に交渉・請求したら、日本も12兆円を一緒に損害賠償請求する。
(実際は、請求でなく中国所有のアメリカ連邦債を無価値にしてしまう事になるだろうが。)

アメリカの民間の損害賠償総額は500兆円を軽く超えるとみられるが、日本は12兆円。おそらくアメリカの請求は割り引かれる。
一方、日本は満額取れると言うのが創価学会、公明党の見立て、ではないか。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント