moomooocanのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 過剰接待禁止の持つ意味

<<   作成日時 : 2013/05/06 22:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年の11月に共産党の腐敗撲滅を掲げる習近平が主席になり、12月に胡春華が広東省委書記着任してから、不正資金流出の流れが変わった。その原因の一つが 習近平の過剰接待の禁止である。なぜ過剰接待がなくなると、賄賂がへるのか。

中国では、不思議なことに500元以下の接待、物品の供与は賄賂とはならない。500元を超えると初めて賄賂となる。

食事は、一人500元を超えることなどない。かなり高級レストランでも一人200元もあれば十分。どうどうと接待できる。カラオケも一部屋10人くらいは入れる部屋で、2,000元から5,000元、数人を一度に接待すれば、問題ない。もちろん持ち帰りができる女性付きだ。持ち出すのには別途お金がかかかるが これも接待する側が負担することが多い。これは賄賂になるが、これで蓄財はできない。

レストランでの食事には、普通お酒が出されない。というのは、普通はお酒をお客が持ち込むのが中国のやり方だ。そこで、中国で高級とされる白酒(蒸留酒)を大量に店に持ち込む。この酒、高価なものは、一瓶500-1000元(日本円 7,500-15,000円)する。もちろん全部飲めないから、最後に余ったと称して客である共産党員に持って帰ってもらう。開封してあれば、自分で飲むしかないが、未開封なものはそのまま、酒屋に持ち込むと、2割引きくらいで引き取ってくれる。有名なブランドなら、洋酒でも同じように現金化できる。結局、食事に招待されるということは、賄賂をもらえるチャンスと変らない。

その結果、2010-11年に高級白酒の需要が伸びた。一本千元前後の茅台酒のような高級ブランドは一斉に値上げ。それでも買えずに実勢価格は1,500元くらいまで跳ね上がった。ちょうどこの頃は、不動産バブルが起きているのではないかと疑われた時期だ。地方の行政が土地を農民から取り上げ、農民の反抗が増加した時期になる。不動産業者、ゼネコンに土地を提供した共産党員が多かったことは自明である。

その後個人が2件目以上の家を買えないようにして不動産バブルを防ぐ取り組みを中央政府が始めた。住宅ローンの与信審査が厳しくなり、一人で2軒目はローンを使えなくなったのだが、勿論、離婚して夫婦双方で2軒所有するとか、親戚の名義を借りなどの抜け道はあって、で完全に効いてはいないが それでも新築マンションの相場は若干下がったし、特に地方都市、一般に2-3級都市と言われている街にはゴーストタウン(鬼城)のような居住区が沢山見られる。

ただ、一級都市の物件でも入居率100%というマンションはほとんどない。日本人からすると 分譲後は自分で居住する、あるいは賃貸に回すのが普通だが、賃貸として埋まらなくても値上がりを待っている大家が多いからで、入居率は良くて60%位、30%以下というところもたくさんある。なぜなら、下手に値下げすると自分が所有している物件の価値を自分で下げてしまうからだ。夜広州の住宅街を歩くと、殆どの部屋に電気がついてないマンションがあって、驚く。

不動産市況の話は次に回に譲るとして、
12年後半からは、一転高級白酒の需要が減少する。安売りを始める酒店も多くなった結果、茅台酒のメーカーは、安売りをした店には卸さないと脅し、経済法違反に問われている。

同じく12年には 偽物が増えているといううわさも流れた。これは貴州茅台メーカーが流した噂の一つで、根拠は卸売本数より小売本数が2割ほど多いというもの。しかし、賄賂として購入された白酒を 買い戻していれば、メーカーからの卸売販売量が、小売本数を上回るのは当たり前だ。

白酒は10-11年に賄賂として大量に使われ、それが買い取り市場に流れ込んだ。結果、在庫が抱えきれなくなった酒屋が、安売りを始めたので、まだ白酒を持っていた共産党員も慌てて 手持ちの白酒を 買い取りに持ち込んだ。それが値崩れを引き起こす。そこで、メーカーは、偽物が沢山あると脅し、酒屋の常連以外からの仕入れを抑えて、値崩れを防ごうとした、そんな、構図が透けて見える。

換金性が高く、見つけられても、容易に言い訳ができる賄賂、それが中国の白酒、茅台酒だ。このところ、政府の政策で急速に販売量が減っているようだが、暫くすると、復活する可能性も高い。

次は、共産党員が香港で買っている不動産について記す


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
過剰接待禁止の持つ意味 moomooocanのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる